セレクトショップの中にセレクトショップ?

皆様こんにちは。

春の嵐も落ち着きようやく暖かくなってきました。

さて、エストネーション六本木店では、数々のブランドとのコラボレーションを手掛けるカリスマディレクター、倉石一樹氏のセレクトショップ「Heather Grey Wall」を、《セレクトショップの中にセレクトショップ》という新たな形態として、期間限定でオープンする事になりました。

DSCN1675.JPG

今回はそのカリスマディレクター倉石一樹氏にQ&A形式でいつか質問させて頂きました。


Q、SHOP名前をHeather Grey Wallにした理由とは?

A、代々木八幡のお店の中で名前を何にしようかな?と考えているときに、目の前にグレーの大きな壁があったので。個人的にも好きな色のヘザーグレーをかけて、Heather Grey Wallにしました。


Q、ESTNATIONでPOP UPストアを展開する理由とは?

A、代々木八幡のお店はDestination store(顧客が「その店だけを目的に来店する」店)と言うコンセプトなので、それほど人が頻繁に往来するお店ではないのですが、今回ESTNATIONでPOP UP STOREを開催することによって、より沢山の方々にHeather Grey Wallの商品をみてもらえるのではないか?ということが、今回pop upを展開させてもらう理由です。本当に良いチャンスを頂きました。


Q、Heather Grey Wall側からESTNATIONに期待する事とは?

A、POP UPだけじゃ無くて、常設させて下さい。笑


Q、今回のPOP UPで取扱う商品の中で、倉石さんのオススメを一つ選ぶとしたら?

A、さりげない物ですが、MAKRと言う所の栓抜き付きカギが好きです。鍵の形状が合えば、自宅の合鍵を作る事も出来ます。

clip_image002.jpg


Q、倉石さんから見たESTNATIONはどんな印象ですか?

A、良い服、良いアクセサリー・雑貨などを幅広くセレクトしている印象です。


以上になります。お忙しい中ありがとうございました。

DSCN1677.JPG


DSCN1679.JPG


今回のPOP UPストアの期間ですが12日(金)~22日(月)までになります。
是非この機会にお店にお越しくださいませ。
それでは皆様、また次回。



倉石宣材写真.jpg

倉石一樹|KAZUKI KURAISHI

アメリカ留学を経験した後、ファッション業界へ。職業は、自称グラフィックデザイナー。
友人でもあるイアン・ブラウンやトミー・ゲレロの、アルバムジャケットを手掛けつつも、そのクリエイティブセンスはブランディングマネージャーやアーティスト活動と多岐に渡る。
≪アディダス≫のエクスクルーシブプロジェクトに携わりながら、2010年からは英国的伝統をモダンにアレンジするアパレルブランド≪カシュカ≫のクリエイティブディレクターに就任。
2011年には、プロデュースを手掛けるコンセプトショップ「Heather Grey Wall」が東京・代々木にオープン。2013年1月には中国・上海に2号店を展開。
また、2012年秋に自身が集積したアイテムアーカイヴを紹介した書籍、「ODDS and ENDS」を上梓するなど、ボーダレスな感性で注目を集めている。